主にステマブログ

ガチャメーカーについてのブログです。つれづれなるままにひぐらし

Gemfile.lock

「パーフェクト Rubyrubyサポーター著)」より引用

bundle installを実行すると、Gemfile.lockファイルが自動的に作成される。

このファイルは、gemパッケージの依存関係を解決した結果が書き出される。

 

複数メンバーで開発している場合に、gemのバージョン違いが発生するのを防ぐ

ために利用するらしい。

 

Gemfile.lockのコミット

じゃ、Gemfile.lockファイルは当然git等のバージョン管理システムにコミットすべきか?

というと、処理系によってはGemfile.lockがあることによりビルドできないことが

あるので、コミットしないルールにしていることもあるらしい。

(CPUのbit数の違いや、OSの違い等により使えるgemが違うからだろう)

githubなら、当然NGだろう。

 

会社で使うなら、さすがに開発環境が各人ごとにばらばらということは少ないと

思うので、用途に合わせて使い分ける必要がある。と思った。

 

ちなみに、明示的に依存関係を再度更新してインストールする場合は、

bunlde installではなく、bunlde updateを使うらしい。